ファクタリング会社から断られる理由とは

融資が上手くいかず、キャッシュフローの悪化で会社経営に不安があるという時に活躍するファクタリングですが、時には審査が通らない場合もあります。どういう時に審査が通らないのか、その審査のポイントについてまとめてみました。

ファクタリングを審査する上での前提

ファクタリングは融資ではありません。売掛債権の譲渡契約になります。そのため、審査する重要なポイントは「売掛債権の性格」であり、申し込む企業の情報ではありません。そのため、メイン行からの融資を断られるような状況でも、「売掛債権の性格」によっては、十分にファクタリングが可能になってくるのです。

ファクタリングを申し込む企業の審査ポイント

とはいえ、申し込む企業が全く審査をされないかといったらそうではありません。

  • ・資金繰りの困窮が頻繁に起きていないか
  • ・企業の財務状況はどうか
  • ・今後キャッシュフローが改善することは考えられるか

ファクタリングは一時的なキャッシュフロー悪化をくい止める方法です。恒常的に活用する手段ではありません。そのため、融資などでよく見られるその時のバランスシートなどはあまり重要ではなく、むしろこのファクタリングを行った結果、本当に経営状態が改善されうるのか、今までの返済状況などを見ていきます。短期的に会社経営が上手くいくのか、についてを重点的に見ていると考えてください。

売掛債務を持っている企業の審査ポイント

申し込む企業の審査が終わり次第、売掛債権の性格を審査していくことになります。この時の審査でポイントとなるのは以下のポイントになります。

  • ・企業の信用情報
  • ・ファクタリングを申し込んだ企業との関係性
  • ・売掛債権の期日

ファクタリングを申し込んだ企業との関係性とは、今までの取引関係や売掛金の支払い状況などが当たります。これにより、この売掛債権が本当に現金化されるものであるのか、ファクタリング会社はしっかりと見極めていくのです。多くの場合、売掛債権を譲渡された後、売掛債務を持っている企業が資金ショートしたり、倒産したりして売掛金の回収が出来なくなると、この不渡りの責任をすべて追うことになってしまいます。ですので、この売掛金が本当に現金化されるのかをしっかり確認するということです。また、売掛債権がいつ現金化されるのかについてもかなり詳しく確認します。これによって、手数料や支払期日が変わってくることがあります。ファクタリング会社も出来る限り早く回収したいという思いがあるのです。

下手に出るのは下策

ファクタリング会社は基本的に、その回収に重点を置いています。そして、回収期間も融資などに比べてはるかに短いため、短期的な数字や短期的な経営状況を重点的に見ていくことになります。そうした短期的視点しかもたない会社が、中長期的な悩みや苦しみを理解できるかといったらそんなことはありません。そのため、下手に出るのは下策です。しっかりと、契約書を読み堂々とした態度で審査や契約に望むべきです。ファクタリング会社の中には、お金がない経営者の足元を見てくる悪意のあるものもあります。そうした会社に惑わされないように注意してください。もし、少しでも疑問を持ったら契約を中止し弁護士に相談すべきです。経営は山あり谷あり、長く苦しい時間もあります。そんな時でもしっかりと対応してこそ、道が開けてくるものです。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です