ファクタリングと電子登録債券の違い

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきましょう。

でんさいとはどういう仕組みなのか

でんさいとは略称で、実際は電子登録債権と呼ばれています。売掛債権や手形の代わりにデータで管理された新しい債権を指しており、銀行協会の作ったでんさいネットを活用することで、発生したでんさいを使って支払期日前に資金調達が可能です。こうしてみてみると、ファクタリングも支払期日前に売掛債権を現金化する方法であり、違いがないように見えます。しかし、決定的な違いが一つあるのです。

でんさいとファクタリングの決定的な違い

でんさいとファクタリングではそもそも、扱っている債権自体が異なっています。でんさいは電子登録債権であり、ファクタリングは売掛債権です。電子登録債権は銀行協会が開発したでんさいネットに登録された債権であり、この仕組みに登録していない売掛債権を電子化しているわけではないことに注意が必要です。そのため、でんさいネットに登録していない企業の売掛債権が電子売掛債権となることはありません。売掛債権は売掛債権であり、電子売掛債権は電子売掛債権であるといえるでしょう。

でんさいの仕組みでは倒産時に返済義務が発生する

こうした債権の違いにより、そもそも扱っている取引自体が決定的に異なってきます。でんさいを活用して期日前に現金化する際には、活用した企業が保証人になる必要があります。つまり、譲渡した売掛債権をもつ売掛先企業が倒産した場合、活用した企業が返済する義務を負うのです。一方、ファクタリングでは、売掛債権を譲渡することになるので、売掛先企業が倒産した場合でも、返済する責任は発生しません。ファクタリング会社に回収義務が発生するのです。

でんさいとファクタリングにおける契約

でんさいはでんさいネットに登録が必要という話をしました。でんさいの仕組みを活用する場合、活用する企業も売掛先企業もでんさいネットに登録していなければなりません。一方で、両方に企業が登録している場合は、でんさいを仕組みを使って売掛債権を現金化する際には契約書や面倒な交渉事は一切必要ありません。一方でファクタリングでは、ファクタリング会社との契約が必須になります。加えて、3社ファクタリングの場合は、売掛先企業との契約も必須です。

でんさいもファクタリングも一長一短

でんさいもファクタリングも一長一短であることは間違いありません。ぜひ、自社の置かれている状況などを鑑みながら、どちらのほうがメリットが大きいのか確認してみてください。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です