ファクタリングの仕分け・経理会計処理について

そもそも仕分けとは?

そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。

仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行っていくことで、勘定科目に取引が溜まっていきます。「現在、仕入れがどれくらいなのか?」、「今の売上はどれくらいあがっているのか?」、「売掛金の額はどれくらいなのか?」こういった疑問が、仕訳帳を見れば一目瞭然となります。

仕分けは基本的に、毎日行います。そして、日々の資産と負債が記入されていきます。これが、「貸借対照表」です。バランスシートとも呼ばれます。一方で、収益と損失が記載されていき、一定の期間の利益や損失がどれくらいあるのかを判断できるのが、「損益計算書」となります。

勘定科目には、「売上」や「仕入れ」の項目があります。以前は、高度な簿記の知識が必要でした。しかし、今では使い勝手の良い会計ソフトが無料で配布されるようになっています。簿記の素養がなくても、パソコンやスマホから簡単に仕分けができるようになっています。

売掛債権が発生した場合の経理会計処理

ファクタリングの中心となるのは、売掛債権です。それでは、売掛債権に売上が発生した場合の仕分けの例をみていきます。

売上の時

翌日未払いの掛売り(商品100万円)の場合です。

借方 貸方
売掛金(資産の増加)100万円 売上(収益)100万円

売掛債権は、後日にお金を請求できるものですから、資産となります。そこで、仕分けでは、売掛債権の取得によって資産が増加し、それによって収益(100万円)を得たというように記載していきます。売掛債権は、後日に現金を請求できるものですから、売上の時点では、現金が発生することはありません。決済時点になって、仕分けに初めて売掛金が現金として記載されることになります。

決済の時

売掛金が入金された場合です。

借方 貸方
現金(資産の増加)100万円 売掛金(資産の減少)100万円

決済されたときには、資産としての売掛金が現金に替わります。このように、掛売りの場合、現金になるまでに時間がかかります。そこで専門の業者に売掛債権を売却して早期に現金化させようというのが、ファクタリングの基本的な使われ方です。次に、ファクタリングと仕分けについてみていきます。

ファクタリングが利用された場合の経理会計処理

実際にファクタリング会社へ売掛債権が譲渡される場合の仕分けについて解説していきます。

売掛債権譲渡の時

借方 貸方
未収金(資産の増加)
売掛債権売却損(費用)20万円
売掛金(資産の減少)100万円

売掛金100万円を、ファクタリング手数料20%で譲渡した場合です。ファクタリングを実行した時点では、まで現金化されていません。そこで、勘定科目には「未収金」という名目で記載するのが一般的です。ファクタリングを利用すると、手数料がかかります。これについては、「売掛債権売却損」などの費用の科目で記入することになります。

ファクタリングは、売掛債権を譲渡して、手数料を引かれた金額を手に入れる取引です。そこで、売掛債権という資産が減少する代わりに、未収金という資産が増加するという考え方です。もちろん、未収金は売掛金から「売掛債権売却損」であるファクタリング手数料を引いた金額になります。

ファクタリング代金が入金された時

借方 貸方
現金(資産の増加)80万円 未収金(資産の減少)80万円

記入した未収金(80万円)が入金されたときの仕分けです。ファクタリング契約後は、請求書を送付すると、代金が支払われます。仕分けは単純に、未収金が現金に替わったという処理をするだけです。ファクタリング手数料である「売掛債権売却損」については、売掛債権譲渡の時に既に記載しています。この場面では記載しなくても良いことになります。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です