会計処理においてのファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングは負債にならない

ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困っている企業には非常に使い勝手が良いものです。

銀行などの融資機関からすると、なるべく負債の少ない企業に貸付を行いたいというのが原則です。全て融資に頼るのではなくて、ファクタリングを活用することによって負債が少なくなります。それによって、銀行からの融資も受けやすくなるという良い循環が生まれます。この負債がない、というのが経理処理からみたファクタリングの一番のメリットだといえます。

ファクタリング利用による貸借対照表や損益計算書の違い

実際に、ファクタリングを利用した場合と、しなかった場合の貸借対照表や損益計算書の違いをみていきます。

→資本金100万円の会社が、70万円で仕入れた商品を100万円で掛売りした場合

ファクタリングを利用

①仕分け(商品の仕入れ)

借方 貸方
仕入(費用)70万円 現金(資産の減少)70万円

②仕分け(100万円で掛売り)

借方 貸方
売掛金(資産の増加)100万円 売上(収益)100万円

③仕分け(手数料20%でファクタリング後、即入金された場合)

借方 貸方
現金(資産の増加)80万円
売掛債権売却損(費用)20万円
売掛金(資産の減少)100万円

■損益計算書

売上 100万円
仕入 70万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

■貸借対照表

借方  
現金 110万円 資本金 100万円
当期純利益 10万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

ファクタリングを利用しない

ファクタリングを利用しないわけですから、上記の③の仕分けがカットされます。

■損益計算書

売上 100万円
仕入 70万円
当期純利益 30万円

■貸借対照表

借方  
現金 30万円
売掛金 100万円
資本金 100万円
当期純利益 30万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

貸借対照表や損益計算書の違いから分かるメリットとデメリット

上記の貸借多少表や損益計算書の、ファクタリングが利用された場合とされなかった場合の違いをみて、一目瞭然な会計処理におけるメリットとデメリットがあります。

仕分けの点で言うと、貸借対照表が軽くなるというメリットがあります。今の経営は、できるだけ負債や資産を少なくしてスマートにする方向性に向かっています。これを資産のオフバランス化と呼んでいます。このように、ファクタリングでは手数料(売上債権売却損)が支払われるために、貸借対照表を軽くすることができます。

一方で、収益が落ちるというデメリットがあります。これも、手数料の影響だといえます。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です