ファクタリングの活用事例:運送業の場合

今回はファクタリングの活用事例として運送業を取り上げます。

運送業のファクタリング要素

運送業はファクタリング要素としての、季節的事例や突発的対処が非常に多く、キャッシュフローの長期的計画がしにくい業界の1つと言えるでしょう。今回のファクタリング事例は、この突発的対処をファクタリングで対応した結果、より多くの契約がもらえるようになったという事例です。

活用事例

今回紹介するのは、4トントラック10台、2トントラック10台の短距離~中距離の運送業者です。きっかけは、主要取引先で既存の運送屋の運賃が上がっていて、長距離運送が出来る他の競合をさがしているというものでした。会社規模を一気に拡大できる絶好の機会が舞い降りてきたのです。しかし、大型の長距離輸送は4トンの短距離と比べても利益率が低く、難しい決断を迫られました。結論としては大型トラック3台の導入を決意。車両ローンの頭金を調達すべく、ファクタリングを選択しました。この際、先ほどの主要取引先に経営状況を話しファクタリングを行うことを相談したところ、手数料の少ない3者ファクタリングに快く応じてもらったそうです。結果として、主要取引先の信頼を勝ち取ることができ、更に多くの大型トラックの増大を計画中ということでした。

この活用事例からわかること

大きい企業からの突発的な大型受注は資材調達のために資金が必要となる場合が多いでしょう。特に運送業は、トラックという手段が絶対的に必要であり、こうした受注に素早く対応するためにファクタリングを活用した事例です。また、取引先に経営状況などをしっかり話した結果として、手数料の少ない3者ファクタリングを行っています。これは非常に示唆的な話で、信頼関係を作りだしていくことで余計なコストを削減することに成功した例です。このようにファクタリングは、資金調達だけでなく、企業間の信頼を強固にする手段という側面もあるのです。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です