ファクタリングの活用事例:建設会社の場合

今回のファクタリング活用事例は建設会社です。

建設会社とファクタリング

建設業界では昔から、手形が現金化されるまでの期間が非常に長く、中小の事業者は毎月のごとく資金繰りに苦しんでいます。その結果として、ファクタリングの活用状況でも3割程度が建設業界関連の利用になっていると言われています。今回はそうした建設業界から特に公共事業の受注に関するファクタリング活用事例です。

活用事例

今回の事業者は土木系の仕事をメインに受注している小さな建設業者です。ファクタリングのきっかけとなったのは、高速道路建設の下請け工事を受注中、複数の下請けのうちの1社が倒産、穴埋めが必要となったためでした。この道路建設は7年先まで計画されていたため、スケジュールが組みやすかったことが幸いし、明らかにショート確実なこの状況で拡大の道を進むことができたのです。元請け会社には受注可否を即答する必要があり、融資よりも短期間で資金調達が可能なファクタリングを選択。この道路建設は3年前から継続的に受注しており、売上債権の性格がファクタリング会社の信頼を得やすい状況であったのも後押しし、2者ファクタリングを選択、受注枠を広げることに成功しました。結果的に、20人だった従業員も30人へと拡大しさらなる成長が見込める事業者へとなったのです。

活用事例からわかること

今回の活用事例はファクタリングを上手く活用した拡大戦略に成功した事例と言えるでしょう。他社の倒産を機とした拡大戦略の際に3者ファクタリングを元請け事業者に依頼することは、この会社の信頼も疑われることが考え裸えるため2者ファクタリングを選んでいます。今回のように、今後も継続的な安定経営が見込める場合のファクタリングの利用は、経営拡大に対して良い影響を与えるのです。柔軟で素早い資金調達がチャンスをつかむ要因であることはどの業界も変わらないビジネスの真理と言えるかもしれません。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です