ファクタリングの活用事例:アパレル業の場合

ファクタリングは様々な業種で使われます。今回は、アパレル業のファクタリングについての活用事例をみていきます。

アパレル業がファクタリングに向いている理由

アパレル業は季節による変動が非常に大きく、人員も含めて、1年間の動きが非常に流動的です。そのため、資金が必要なときとそうでないときがあり、必要な時に合わせてファクタリングを行うことは悪い経営戦略ではありません。

活用事例

10~20代をターゲットにした女性向け洋服ブランドのOEM生産を受注している企業の話です。年商は10億規模、しかし、発注サイクルが早いため、キャッシュフローは常にギリギリだったそうです。季節的要素としては、夏物に比べて生地が厚くコートなどの大きいものがメインになる冬季にキャッシュフローが厳しくなっていました。生産を海外委託先工場で行っていましたが、この冬季の厳しくなる時期に致命的なストライキが発生。賃上げ要求などで一気にコストが膨れ上がり、資金ショート目前まで迫っています。この資金ショートに対応すべく銀行融資を行おうとしましたが、時間的に非常に厳しく、ファクタリングの活用となりました。2社間ファクタリングで早期の資金繰りを計画し、金曜日の申し込みから月曜日の送金と、非常に短い期間での資金調達に成功。その年も受注分の生産を維持し、事業を継続することができました。

事例からわかること

今回の事例は、突発的なトラブルに対する資金ショートを、短期間の資金調達で補うというファクタリングの理想的な使い方といえるでしょう。ファクタリングは、こうした突発的な事象に対して柔軟な資金調達を可能にする仕組みなのです。途中で出てきましたが、銀行融資よりもはるかに資金調達までの期間が短く、選択肢の1つとして確保しておくことは、柔軟な経営戦略を導き出すカギとなりえるでしょう。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です