ファクタリングと受取手形の違いとは

受取手形とはビジネスで取引が発生した際に、現金の代わりに受け取る手形を指します。あとでお支払いしますという約束をそのまま証券化することで、資産価値を生み出したり現金への転換を確実なものとするのが目的で生まれたものです。また、受取手形を現金化しないで置いておくと会計処理上は「売掛金」となります。「売上債権」が生まれることになります。

受取手形には2種類の手形があり、1つが約束手形でもう1つが為替手形です。

約束手形は、取引をする2者間で交換されます。商品やサービスを提供(納品)され手形を発行した方の企業が、手形に記載されている期日までにその代金を支払うことを約束する証券を指します。一方、為替手形は、2者の間に金融機関などを挟み、手形を発行した企業がこの金融機関などに支払いを委託することを約束する証券を指しています。

では、ファクタリングは受取手形とはどう違うのでしょうか?

ファクタリングは基本的に、売上債権を自社の好きなタイミングで現金化することを目的とした仕組みになっています。一方で、受取手形の現金化のタイミングは手形を発行した方の企業がその期日を決めることになります。ファクタリングとは、まさにこの期日のズレに注目したサービスともいえます。ファクタリングを活用する企業の多くは、受取手形の債権回収を早めキャッシュフローを大幅に改善するために活用するのではないでしょうか。キャッシュフローの改善にはファクタリングが非常にお勧めです。

ただし、ファクタリングは売掛金の回収に際しての手数料をファクタリング会社や金融機関に支払う必要があります。つまり、売掛金の金額全てを回収できるわけではないのです。一方で受取手形は当然ですが、その手形に記載のある金額のすべてが手元に残ることになります。期日を短くしたいならファクタリング、しっかりと売り上げを回収したいなら受取手形、といった使い分けが重要です。

また、会計上の仕分けではどうなってくるのでしょうか?受取手形が売掛金になることは先ほど述べたとおりです。一方、ファクタリングの場合は「預金/現金」という仕分けになります。また、ファクタリング会社への手数料は「支払利息」となります。ファクタリングは「借金」ではないため、この様な処置になります。

ファクタリングと受取手形についてはもう1つ注目すべき点があります。それは手形不渡りをファクタリングは回避できる可能性があるということです。これは間に入ったファクタリング会社や金融機関の審査次第ではあるのですが、基本的に債権譲渡であるため売掛金の回収業務はこのファクタリング会社や金融機関の業務になってきます。そのため、手数料をしっかり払うことによってこの不渡りリスクから解放されるということになります。

取引先への与信リスクはどこまで用心しても発生してしまいます。ファクタリングを活用してキャッシュフローを改善させている企業の中には、この与信リスクを回避するためにファクタリングを活用している会社も多いのです。

ファクタリングはキャッシュフローを改善させる仕組みとして多くの企業が利用している方法です。会社というものは基本的にどれだけ赤字を出していようが債務超過であろうが潰さないことが最も大切です。企業の経営者や経理として、資金調達方法の1つとしてのファクタリングという手法についてぜひご一考ください。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です