ファクタリングのメリットについて

ファクタリングはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、ファクタリングのメリットについてご紹介しましょう。

早期に売掛金が資金化できる

一般的に、タイムラグが、支払いが売掛先から行われるまでには支払サイトによってあります。

このタイムラグとしては、30日のケースや180日のケースなどがあります。

キャッシュフローがこの間に行き詰まるのを回避するために、有効なのはファクタリングです。

ファクタリングは借入金とは違う

借入金に、つなぎ融資を銀行などから受ける場合はなります。

一時的にキャッシュフローはなんとかなったとしても、借入金は多くなると利息の支払いも生じます。

そのため、会社の資金繰りは中長期的に立ちいかなくなります。

一方、売掛債権を譲るファクタリングの場合は、売掛債権を資金化しても計上を借入金にしないこともできます。

支払いリスクは売掛先が万一倒産した場合でも生じない

先行きが不透明な時には、売掛金の資金化が必ずしもできない場合もあり得ます。

しかし、ファクタリングの場合には、譲渡金を万一売掛先の会社が倒産した場合でも返済する必要はありません。

ファクタリングが取引先に分からなくできる

ファクタリングの一般的なものは、譲渡を取引に関係する全ての人が承諾するという3社間ファクタリングがメインになっています。

3社間ファクタリングの場合には、債権譲渡を取引先に承諾してもらうことが必要です。

しかし、多くの大手の会社は、債権譲渡を嫌がる傾向があることがネックになっています。

このような場合には、2社間ファクタリングが有効です。

買取する側は、顧客先が倒産することによって回収できなくなるリスクや、支払いが滞ることなどによって国や他社によって顧客の口座に入金された時に差し押さえになるリスクもあり、取引がリスキーなものになるので、手数料が2社間ファクタリングの場合は高くなります。

3社間ファクタリングと比べて、2社間ファクタリングは手数料が倍以上かかることも多くあります。

しかし、2社間ファクタリングの場合は、債権譲渡を取引先に伝える必要がなく、承諾も必要ないため、ファクタリングが誰にも分からないようにできるというメリットの大きなものがあります。

そのため、苦しい資金繰りであるが、信用に関係するので取引先には伝えたくないというような場合には非常にメリットがあります。

ファクタリングの場合は、現金を割合短時間で手に入れることができるので、資金が緊急に必要になった場合に重宝されます。

債権や状況によっても違ってきますが、ファクタリングの業者によっては現金を即日で調達してくれる場合もあります。

審査方法は融資関連の場合とは違う

借入と違って、ファクタリングの場合は売掛金を取引するため、審査方法は融資関連の場合とは違うので、融資を銀行に断られた場合などでも利用できます。

ファクタリングの情報は信用情報機関に登録されない

信用情報機関に登録されないことが、ファクタリングの一つのメリットとして挙げられます。

信用情報機関はデータベースとして金融機関が持っているようなもので、情報を信用情報機関のいくつかが持っています。

この信用情報機関の情報は、返済を正常に行っているか、どの程度借入金があるか、などというようなもので、過度な借入金あったり、返済が停滞していたりする情報が信用情報機関に登録されていると、ビジネスローンの審査や銀行の審査に受からない恐れがあります。

しかし、融資とはファクタリングは違っています。

信用情報機関に入っている銀行の場合は、融資をすると信用情報機関に登録する必要がありますが、融資とは違うファクタリングの場合は、信用情報機関に登録する必要はありません。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です