ファクタリングは合法?融資との違いは

最近、融資の方法としてファクタリングというものをよく耳にします。

では、ファクタリングは合法なのでしょうか?

ファクタリングと融資はどのように違うのでしょうか?

ここでは、ファクタリングは合法か、ファクタリングと融資の違いについてご紹介しましょう。

ファクタリングは合法か?

ファクタリングは、一般的にまだそれほど認知されていなく、知らない人もいるかもしれません。

そのため、ファクタリングは危なくて怪しいものであるというようなイメージを持たれる場合もあります。

しかし、ファクタリングは合法的な正式に認可されている金融取引です。

例えば、建設業界では、ファクタリングの業者を下請債権保全支援事業の一環で紹介する場合もあります。

ファクタリングと融資の違い

ここでは、ファクタリングと融資の違いについてご紹介しましょう。

一般的に、資金を会社が調達する際は、銀行融資をまず検討するでしょう。

しかし、中小企業をメインに、ファクタリングを厳しい審査がある銀行融資よりも利用するところが近年は出てきています。

・現金化までの期間

融資の場合は、1ヶ月程度は現金化までにかかると見ておく方がいいでしょう。

というのは、融資の場合は、時間が審査などにもかかるためです。

ファクタリングの場合は、ファクタリングの業者によっても違いますが、最短の場合は現金化が即日できるというようなケースもあります。

ファクタリングのメリットは、まず、現金化が数日後にはできることでしょう。

・手数料、金利などの費用

融資の場合は、銀行によっても違いますが、金利は年間で数%程度と非常に低くなっています。

ファクタリングの場合は、ファクタリングの業者によって違っており、2者間ファクタリングか、3者間ファクタリングかでも違ってきますが、売掛金の5%程度であるため、割高に手数料などはなる場合が多くなります。

・その他

融資の場合は、金利などは低くなりますが、担保が必要になったり、審査が必要になったりします。

借入の時点での状況で、融資額が希望するものになるかは分かりません。

また、融資であるため、返済する必要もあります。

ファクタリングの場合は、融資とは違って、売掛金を売るようになるため、借入金ではありません。

さらに、安定した売掛金の場合には、審査もないため現金化が容易にできます。

また、役割としては早くキャッシュフローをするものもあるため、資金繰りが苦しい場合にはメリットがあるでしょう。

このように、ファクタリングにも融資にも、それぞれメリットとデメリットがあります。

しかし、資金繰りがどうしても苦しく、現金をできるだけ早く準備する必要がある場合は、非常にファクタリングが確実であり、有利です。

さらに、借入金ではファクタリングはないため、信用情報機関に登録される場合もなく、2者間ファクタリングの場合には取引先にも分からなく、数ヶ月後に予定していた現金がすぐに入手できるようになります。

当然ですが、この売掛金の信用度も取引先の信用度などで変わってくるため、ファクタリングする際には可能な限り信用度が高い売掛金がいいでしょう。

ファクタリングの業者を探すような無料のサービスを紹介しているサイトもある

ネットなどでは、会社の状況や考え方に最も適したファクタリングの業者を探すような、無料のサービスを紹介しているサイトもあります。

例えば、リスケジュールという銀行返済の条件を変更中でも決算が赤字である、保証人、担保不動産が無い、税金を滞納している、トラブルが信用情報にある、融資を銀行から断られた、融資を追加するのを断られた、支払いが仕入先にできない、社員の給料が支払えない、というような場合には、ファクタリングの業者にすぐに相談するようにしましょう。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です