ファクタリングとリースの違い

ファクタリングとリースはどのように違うのでしょうか?ここでは、ファクタリングとリースの違いについてご紹介しましょう。

会社を経営するための設備を確保する方法

資金が、企業を経営していくために必要です。

資金としては手元にあるもののみで賄えればいいでしょうが、人件費、家賃、光熱費など、いくら資金があっても実際には不足するでしょう。

運転する資金はある程度ないと、儲けを効率的に確保することは難しいため、優れた企業の場合でも資金を金融機関から借りるなどして、できるだけ資金を効率的に調達することを検討しています。

会社を経営するために必要な設備である工具、IT機器、車、建物などを買うためには、資金のまとまったものが必要になります。

では、このような設備を確保するためにはどのような方法があるのでしょうか?

このような設備を確保する方法としては、ファクタリングで設備を買うものと設備を借用するリースがあります。

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは、融資を銀行で断られた場合でも資金を調達することができるものです。

ファクタリングは、資金を調達する新しい方法で、売掛金がある場合のためのものです。

例えば、リスケジュールという銀行の資金を返済する条件を変更している途中の場合、債務超過の場合、決算が赤字の場合などでも、保証人、担保の不動産が無くても利用することができます。

利用するためには、

・事業のためだけの資金である

・売掛金としては100万円以上のものが必要である

という条件が必要です。

リースとは?

一方、リースというのは、リース会社が会社を経営するために必要な設備などを買って、会社に貸し出しするものです。

この借りた設備を会社は買ったのと同様に使うことができ、リース料を使っている期間にリース会社に払います。

一般的に、設備の価格に税金の固定資産税など、資金を調達するための費用、手数料や保険料をプラスした価格をベースにして、リース料は決定されます。

ファクタリングでお金を調達する場合の金利とは違って、手数料などの費用がリース料率というもので計算されます。

リース料率の計算は、設備の価格を月々のリース料で割ります。

例えば、100万円の設備をリース料として月々1万5000円でリースした場合は、100万円を1万5000円で割った1.5%(年利18%)のリース料率になります。

このようにリース料率は、利率としては結構高いものです。

ファクタリングとリースではどちらがいいか?

では、設備を確保する場合に、ファクタリングとリースではどちらがいいのでしょうか?

リースはいくつかのメリットがありますが、やはりイニシャルコストを低く抑えられることがメリットの大きなものです。

設備が高額な場合でも、一定のリース料を払えばいいため、資金が手元に少ない場合でも設備を確保することができます。

また、ファクタリングを利用して設備を買った場合は、固定資産になるため、保険料や税金がかかります。

さらに、経理の作業として、減価償却費を計算するなどが必要になります。

しかし、リースの場合には、設備を所有しないで借用しているようになるため、処理が会計上必要なく、会計処理がリース料を月々計上するのみでできます。

このように効率良く経理の作業できることもメリットの大きなものです。

さらに、お金を銀行から借りないため、融資枠を銀行で確保することができ、万一の場合に融資を銀行から受けやすくなるメリットがあります。

一方、リースのデメリットとしては、出費がトータル的に多くなることです。

ファクタリングを利用する場合よりも、リースの方が出費が多くなる場合があるため、設備などを確保する場合には、ファクタリングとリースについて十分に検討しましょう。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です