ファクタリングとでんさいの違い

資金を調達する方法としては、でんさいとファクタリングがあります。

では、でんさいとファクタリングはどのような違いがあるのでしょうか?

ファクタリングとはどのようなものか?

ファクタリングというのは、期日が来る前に売掛債権をファクタリングの業者にファクタリングの手数料を差し引いて譲るという資金を調達するものです。

でんさいとはどのようなものか?

でんさいというのは、債権という手形や売掛債権の代わりに払うものの管理をデータで行う、金銭債権の新しいものです。

でんさいのネットワークを使うと、でんさいを譲るスタイルで資金を支払いの期日が来る前に調達できます。

でんさいとファクタリングはどのような違いがあるか?

でんさいもファクタリングも、顧客へサービスや商品を売ることによって生じた債権を、支払いの期日が来る前に資金化ができます。

ここでは、でんさいとファクタリングの違いについてご紹介しましょう。

債権そのものが違う

でんさいは電子登録債権ですが、ファクタリングは売掛債権になるため、債権の種類が違います。

長い間ビジネスの商取引においては、売掛債権によるものが行われていました。

取引としては、サービスや商品を納品すると、請求書を送付して、次の月の末、あるいは次々月の末に払われるようなものです。

でんさいは債権として新しくできたもので、債権の発生記録請求をでんさいネットという銀行のネットワークに払う会社が行うことで、公的に債権として保証されるものです。

従来は、基本的に、第三者売掛債権の発生を公的に保証するシステムはなく、納品書、請求書、検収書、領収書などをやり取りするだけでした。

しかし、でんさいの場合には、でんさいネットという全国銀行協会が運営しているものに電子データとして残るため、確実性がアップするというメリットがあります。

しかし、会社としてでんさいを導入しているところはそれほどなく、デメリットとして普及していないということがあります。

というのは、新しいものに古くからの業務の流れを変更するためには、足並みを取引先全てで揃えていなければ費用が高くなるので導入がなかなか進まないためです。

返済義務が倒産した場合に違う

でんさいの場合は、返済義務が債権を譲った売掛先が万一倒産した場合にありますが、ファクタリングの場合は、返済義務が債権を譲った売掛先が万一倒産した場合にありません。

つまり、でんさいの場合は、債権の手形割引のようなものを譲った売掛先が万一倒産した場合は、利用する会社がリスクを持つ必要があります。

一方、ファクタリングの場合は、債権を譲った売掛先が万一倒産した場合でも、返済義務は利用する会社にはありません。

銀行も、最近はでんさいファクタリングというものをスタートしています。

でんさいファクタリングは、早期にでんさいを買取するものですが、ファクタリングと同様に債権を譲った売掛先が万一倒産した場合でも、返済義務は利用する会社にはありません。

契約方法が利用する場合に違う

でんさいの場合は、すでにでんさいを利用することを取引先が申し込みしていると契約は必要ありません。

一方、ファクタリングの場合は、ファクタリングの業者を新しく利用するごとに契約が必要になります。

つまり、ファクタリングの場合は、契約はファクタリングの業者と一対一であるため、他のファクタリングの業者を利用するごとに契約することが必要です。

なお、ファクタリングの業者が同じ場合でも、契約が他の売掛債権を譲る場合には必要になります。

ほとんどの銀行ででんさいは利用できるため、取引先がでんさいを利用している場合には、でんさいが手続きを新しくしないで利用できます。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です