一括ファクタリング

ファクタリングには大きく分けて4つの手法があります。そのうち、もっとも一般的に活用されているのがこの一括ファクタリングです。この一括ファクタリングについて少しまとめてみましょう。

2者ファクタリングと3者ファクタリング

一括ファクタリングには、売掛債務を負っている企業にファクタリングを行うことを伝えその承認を得なければならない3者ファクタリングと、そうした承認が必要ない2者ファクタリングがあります。この2者ファクタリングと3者ファクタリングの大きな違いは、こうしたリスクの分散と集中の関係で手数料に現れてきます。一般的に3者ファクタリングの方が手数料は安く、最大でも5%程度です。2者ファクタリングの場合は、15%から最大で30%にも及びます。

2者ファクタリングはなぜ手数料が多いのか

ファクタリングは基本的に売上債権の譲渡契約になります。この際に、もし売掛債務を負っている企業が売掛金の支払いが不可能になった場合どうなるでしょうか?この場合は、ファクタリング会社がほぼすべての責任を背負うことになります。このリスクを請け負うことになるので、手数料が増大するのです。しかし、一方で、ファクタリングを行ったということを2者ファクタリングの場合は売掛債務を負っている企業に教える必要がありません。ファクタリングを行うということは資金繰りに困っているということであり、その後の取引に影響を与えかねません。そうした信用情報のやり取りをする必要がないのです。

ファクタリングは一時的にキャッシュフローを改善する方法です。中長期的視点に立つと、手数料という観点から、売り上げの目減りにつながるため、あまりお勧めできません。計画的に活用していくことで、ファクタリングの利点というものは更に発揮されるでしょう。季節的な取引関係や、突然の大口発注による資材確保などの一時的なしのぎとして大いに活用いただければと思います。


2019年版!優良ファクタリングTOP10

2017年から増え続けるファクタリング会社、中には必要以上に手数料を取る会社も増えてきています、そこでお得にファクタリングを利用する為の優良なファクタリング会社をランキング形式で紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です