経営者なら知っておきたいファクタリングでの資金調達

ファクタリングで資金調達

ファクタリングとは

ファクタリングとは企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買取を行い、 売掛先企業の支払サイトの期日前に支払いする仕組みです。

ファクタリングでの資金調達とは?

ファクタリングでの資金調達方法とは、上記で説明したように既に発生している取引先の売掛金をファクタリング会社に買取ってもらうという仕組みです、銀行ローンなどと違い借入ではなく、あくまで取引先から後日支払われる売掛金をファクタリング会社に現金化してもらうという流れになりますので、当然売掛金がなければ利用することができません、しかし融資とは違い厳しい審査などがあるわけではなく売掛金さえあれば資金調達が可能になります。

ファクタリングで資金調達

ファクタリング会社は実績や口コミで選ぼう

最近ではファクタリング可能な会社が増えてきていますが、ファクタリングを装った「ヤミ金」事件も起こっているので、ファクタリング会社を選ぶ際には安心して取引きできる会社かどうかの見極めがとても大事になってきます。ファクタリング会社を選ぶ際は実績や口コミもチェックしましょう。

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東

ファクタリング会社の比較ポイント

実際にファクタリングを利用する場合には、ファクタリングを行ってくれるファクタリング会社選びがとても重要になります、適当に選んでしまうと悪質な業者に騙されたり手数料を多く取られたりする可能性もあり資金繰りが悪化してしまうこともあります、そこで失敗しないファクタリング会社の選び方とファクタリング会社の比較ポイントについて簡単に紹介したいと思います。

ファクタリング会社を比較する時に重要なポイントは4つあります、その3つは下記になるので利用する場合は必ずチェックするようにしましょう。

ファクタリング手数料をチェックする
ファクタリング可能な金額をチェックする
調達するまでの期間をチェックする
契約内容をしっかりチェックする

ファクタリングを利用する場合は上記の4つのポイントをしっかりチェックするようにしましょう。更に詳しくファクタリング会社選びの比較ポイントを知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

最新のニュース

【嘘!ホント?】ビートレーディングの口コミや評判は?悪徳業者の被害に遭わない為に!

2017/08/18

商号 株式会社ビートレーディング 設立 平成24年4月 所在地 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F TEL 03-6450-1604 URL https://betrading.jp/ 取引き可能額 100万円から3億円 資金化まで - ...

ファクタリングを利用することは違法なのか?

2017/08/16

ファクタリングの手法がある程度浸透してきました。その裏側で悪徳なファクタリング会社によるトラブルも増えてきました。ネット上では、ファクタリングの手法そのものが違法であるような書き方をしているWebページもあります。いったいどのような法律要件がこの違法という言葉を呼んでいるのでしょうか? ファクタリングは合法である 民法第466条~...

ファクタリングを安心して利用するために知っておきたいこと

2017/08/10

売上債権を譲渡することによってキャッシュフローを一時的に改善する手段として、ファクタリングは浸透しつつあります。一方で、悪徳なファクタリング会社によるトラブルも相次いでいます。悪徳なファクタリング会社を見分ける方法はあるのでしょうか。 ファクタリングをするときに必要な契約 基本的にファクタリングに必要な契約は主に3点です。 ① ...

ファクタリング会社から断られる理由とは

2017/08/09

融資が上手くいかず、キャッシュフローの悪化で会社経営に不安があるという時に活躍するファクタリングですが、時には審査が通らない場合もあります。どういう時に審査が通らないのか、その審査のポイントについてまとめてみました。 ファクタリングを審査する上での前提 ファクタリングは融資ではありません。売掛債権の譲渡契約になります。そのため、審...

医療報酬債権ファクタリング

2017/08/09

ファクタリングと一口に言っても様々なファクタリングがあります。特に医療関係のファクタリングは、相手が国民保険や社会保険と非常にリスクが低いため、これを特に医療報酬債権ファクタリングと名前を変えて使っています。 医療報酬債権とは 医療報酬債権とは国民皆保険制度のある日本ならではと言える制度で、患者に対して行った医療行為による対価を、...

一括ファクタリング

2017/08/08

ファクタリングには大きく分けて4つの手法があります。そのうち、もっとも一般的に活用されているのがこの一括ファクタリングです。この一括ファクタリングについて少しまとめてみましょう。 2者ファクタリングと3者ファクタリング 一括ファクタリングには、売掛債務を負っている企業にファクタリングを行うことを伝えその承認を得なければならない3者...

ファクタリングの活用事例:介護事業の場合

2017/08/06

今回は介護事業のファクタリング活用事例になります。 介護事業とファクタリング 介護事業の特徴は、安定的な収益が望める一方で、給料などの支払いが早く、キャッシュが不足しがちであるということです。介護の場合、患者負担が1~2割、残りは国民保険から支払われるため、資金が入ってくるタイミングが最大で50日遅れるというものです。そのため、銀...

ファクタリングの活用事例:建設会社の場合

2017/08/06

今回のファクタリング活用事例は建設会社です。 建設会社とファクタリング 建設業界では昔から、手形が現金化されるまでの期間が非常に長く、中小の事業者は毎月のごとく資金繰りに苦しんでいます。その結果として、ファクタリングの活用状況でも3割程度が建設業界関連の利用になっていると言われています。今回はそうした建設業界から特に公共事業の受注...

ファクタリングの活用事例:不動産業の場合

2017/08/05

今回は不動産業のファクタリング事例です。 不動産業とファクタリング 不動産業は、大きなお金が一気に動く業界です。また、管理費や家賃、物件使用料と言った形でのわかりやすい売上債権のある業界であると言えます。しかし、一方で、物件を借りている人にファクタリングをお願いするわけにもいかず、3者ファクタリングの提案が非常に難しい業界であると...

ファクタリングの活用事例:貿易業の場合

2017/08/05

今回の活用事例は貿易業です。 貿易業とファクタリング 貿易業では、日本の商習慣が通用しないことがあります。特に中国や東南アジアとの取引では、円払いやドル払いの直近現金払いが一般的であり、例えば受注後翌月・翌々月の支払いなどでは応じてくれない場合が多いのです。今回の事例も、そうした商習慣の違いによる資金ショートの危機を乗り切った事例...