ファクタリングを行った時の会計処理について

2017/11/29

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっかりとみていきましょう。

売上債権譲渡時とファクタリング会社からの入金時それぞれの仕分け

ベースとして売掛債権100万円を買取率80%、すなわち80万円でファクタリングを行ったとします。すると借方・貸方には以下の項目が並ぶことになります。

借方 貸方
未収金(資産増加)
80万円の売掛債権売却損(費用)20万円
売掛金(資産の減少)100万円

基本的にファクタリングは売掛債権を売却するという取引です。売掛金を未収金という資産と交換するという考え方であるため、会計処理はこのようになるのです。間違えないでほしいのは、100万円の売掛債権を80万円の現金にしているため、貸方の売掛金の減少分は100万円であるということ。80万円手に入っているため、80万円としてしまうミスがよく見られます。

その後、ファクタリング会社から代金が支払われた場合はどのような項目が増えるのでしょうか。

借方 貸方
現金(資産の増加)80万円 未収金(資産の減少)80万円

ファクタリング会社から得られる資金は80万円ですので、ここでは80万円が動いたことが書かれていれば大丈夫です。100万円ではないので注意してください。

最初の貸方の項目に「売掛債権売却損」というものがありますが、この項目がない会計ソフトなどもあります。その場合は、「その他雑支出」での仕分けで問題ありませんので安心してください。

ファクタリングを行った場合の損益計算書と貸借対照表

ここではついでに損益計算書と貸借対照表を見ていきましょう。このとき仕入れが必要になってくるので、ここでは70万円の仕入れで100万円の売上を上げる商品を扱っていたと仮定しましょう。また、資本金は100万円です。すると、以下のように書くことができます。

損益計算書
売上:100万円
仕入:70万円
売上債権売却損:20万円
当期純利益:10万円

貸借対照表

借方 貸方
現金110万円 資本金100万円
当期純利益10万円

こうしてみると、ファクタリングを行った結果、貸方が非常にすっきりしているのがわかるのではないでしょうか。貸借対照表を軽くしてキャッシュフローリスクを軽減しフットワークや投資対象を柔軟に変化できるというファクタリングのメリットが、貸借対照表を見ると一目瞭然ですね。

最後に注意したいこと

会計の仕分けについて書いてきたので、最後に注意したい点を書いておきます。売掛債権は、有価証券として扱われます。そして有価証券の譲渡は基本的に消費税非課税取引となるのです。ファクタリングを行ったり、売掛債権を取引する場合、消費税は含まれません。もし仮に契約の際にファクタリング会社から消費税を求められてきた場合、なぜそれが課税されるのか明確な説明が必要になります。必ず確認しましょう。ファクタリングで動くお金は高額となる場合もあります。消費税の有無がその後の行動を決めかねない重要な問題です。

関連記事

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

Trouble売上債権を期日前に現金化することでキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングがあります。この方法はプレイヤーが3人いることになります。それでは、この3つのプレイヤーがそれぞれ審査や契約をする際に、どのような注意点が挙げ...

ファクタリングは負債にならない ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困...

ファクタリングは、金額如何にかかわらず3営業日、対応の早い会社で必要書類が整っている場合はなんと即日でも現金化が可能です。いったいどのようなフローで現金化していくのでしょうか。今回は特にファクタリングの中でも活用する可能性が高い2社ファクタ...

ファクタリングは貸金業なのかどうかについては多少意見が分かれているようです。ただ、基本的には貸金業ではないとされています。いったい、どのような法的関係があるのでしょうか。確認してみます。 ファクタリングの法的根拠 ファクタリングの法...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

ファクタリングという方法は、アメリカやイギリスではかなり昔から存在しているといわれています。原型という話になると14世紀ごろから行われていたのではないかといわれているほどです。今回はそうしたファクタリングの歴史から、ファクタリングが日本で受...

ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング会社を比較することが大切です。 ここでは、ファクタリング会社の比較ポイントについてご紹介しましょう。 ファクタリング会社の手数料に注意する 売掛金を買取する際の手数料については、ファ...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきま...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東