ファクタリングのメリット・デメリットの一覧

2017/11/13

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。

ファクタリングのメリット

即日現金化可能

ファクタリング会社によっては数千万単位の資金を即日~3営業日ほどで対応してくれる場合があります。急な資金ショートにも十分対応できるでしょう。

融資とは異なる審査基準

融資が断られても大丈夫です。ファクタリングの審査基準は、自社の対応ではなく、売掛債権の性格を審査していくからです。そのため、過去に税金や社会保障費を滞納した経緯があったとしても柔軟に対応してくれることもあります。

保証人や担保が不要

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権を売買する行為です。そのため、保証人や担保は全く必要ありません。

回収義務がない

ファクタリングは売掛債権を売買します。相手先企業が倒産してしまい売掛債権が回収不能になったとしても、自社には全く影響を与えません。

信用情報へ影響しない

ファクタリングは借入ではありません。そのため会計上、負債が増えるわけでも赤字が増えるわけでもありません。今後の融資審査や株価などへの影響も最小限といえる手段です。

貸借対照表がスリム化

売掛債権を現金化するということは、貸借対照表上は現金が増えることになります。そのため、見た目上の負債なども発生しないスリムな貸借対照表が出来上がります。

内密に資金調達できる

ファクタリングの手法は様々ですが、とりわけ2社ファクタリングを活用することで、ほかの取引先などに気が付かれることなく資金調達ができます。急な資金調達は会社の対外的信用度を下げる場合がありますが、ファクタリングであればその心配は非常に低いです。

ファクタリングのデメリット

手数料がかかる

ファクタリング会社や資金調達の規模、そして何よりも売掛債権の性格によって手数料がかかってきます。3社ファクタリングでは一桁%程度、2社ファクタリングでは20%以上かかります。場合によっては30%を超えることもあるかもしれません。この手数料が上がることは結局予定されていた売り上げを食ってしまうことになります。

連続使用は危険

上記の手数料にかかわる問題ですが、ファクタリングは常用するものではありません。常用していくと、予定されていた売り上げを20%ずつ下げるのと同義のことが発生してしまいます。利用は計画的でなければなりません。

債権譲渡登記

メリットの⑦に内密にという話がありましたが、売掛債権の規模や内容によっては債権譲渡登記を求められる場合があります。登記はだれでも見れる状況になってしまうため、内密にというは難しくなってしまうでしょう。ただし、債権譲渡登記から状況がわかるというのはあまりありませんのでそこは安心してください。

メリットとデメリット

この一覧はファクタリングを行う際には必ず見直すべき決定版ともいえるでしょう。ぜひ、自社の決断の助けになればと思います。

関連記事

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

キャッシュフローを改善する仕組みとしてのファクタリングは、日本でもかなり浸透してきました。その結果、ファクタリング会社として銘打っている会社がなんと100近くにまでなってしまっています。そこで今回は、数ある会社から優れた会社を6社ご紹介しま...

貸借対照表が軽くなり、資産のオフバランス化を図れる 貸借対照表が軽くなります。ファクタリングが実行されると、売掛金がなくなり、現金に代わることになります。バランスシート上でも、売掛金がそのまま現金に代わった状態(手数料は引かれる)になるわ...

ファクタリングに金利や利率はあるのでしょうか?この質問に端的にお答えするのであれば、ファクタリングには金利や利率は発生せず、手数料だけがあります、という答えになります。いったいどういうことか、ご説明します。 ファクタリングは借金ではな...

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきま...

ファクタリングは、金額如何にかかわらず3営業日、対応の早い会社で必要書類が整っている場合はなんと即日でも現金化が可能です。いったいどのようなフローで現金化していくのでしょうか。今回は特にファクタリングの中でも活用する可能性が高い2社ファクタ...

ファクタリングは負債にならない ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困...

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっ...

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

ファクタリングでは2社間取引きと3社間取引きがあります。 ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しましょう。 ファクタリングで2社間取引きの仕組み 売掛債権をファクタリングで2社間取引きの場合は買取しますが、...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東