ファクタリングで財産圧縮ができる!驚くべき方法とは

2017/11/20

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮できる場合があります。

ファクタリングを使って有利子負債を返済

ファクタリングという仕組みを活用して有利子負債を返済することで、企業会計的にどのようなことが起こるのでしょうか。一般的に言われることから、これは財産圧縮が発生します。この財産圧縮をうまく行うことで、負債株主資本率を圧縮することが可能です。今回は、資産1000万、負債800万、自己資本200万の会社で200万円分の資産を活用してファクタリングを行い、負債を200万返済した場合について考えてみましょう。

資産1000万円 負債800万円
自己資本200万円

このような企業会計となるかと思います。こうした場合の、自己資本に関する負債を考えてみますと、800万円÷200万円=4.0。負債株主資本率が4.0という数字ではかなり見た目は厳しく感じられるのではないでしょうか。ここで200万円のファクタリングを行ってみましょう。

資産800万円 負債600万円
自己資本200万円

資産自体は減額しますが、ファクタリングですので特段問題はないはずです。注目すべきは自己資本自体の影響がなく負債だけが少なくなっていることです。すると、負債株主資本率は、600万円÷200万円=3.0。なんと、ファクタリングを行うだけで、負債株主資本率を1.0も改善できてしまいました。

今回の場合は、見やすさを重視して自己資本金に対する負債が非常に多い企業として例示してみました。一般的には負債株主資本率は1前後で推移していると倒産の危険の少ない優良企業としてみなされるでしょう。優良企業であれば当然、銀行融資や取引先との関係性向上などメリットも非常に大きくなるはず。こうした操作は別段違法でもなんでもなく会計上のテクニックですので、ぜひ確認してみてください。

財産圧縮とファクタリング

今まで見てきた仕組みは、ファクタリングの手数料を考えていません。そのため、ある程度の余裕のある企業ができる仕組みともいえます。しかし、ファクタリングによる売掛債権の早期現金化は、同時に売掛先企業の倒産や支払い不能に対するリスクヘッジとしても活用できます。ある程度の大きな売掛債権には必ず保証ファクタリングを活用するという会社も出てきました。ファクタリングを、緊急避難の手段として活用するだけでなく、こうした会計上の仕組みもうまく合わせて考えてみると、メリットがさらに大きくなっていくのではないでしょうか。

関連記事

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっ...

Trouble売上債権を期日前に現金化することでキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングがあります。この方法はプレイヤーが3人いることになります。それでは、この3つのプレイヤーがそれぞれ審査や契約をする際に、どのような注意点が挙げ...

ファクタリングは貸金業なのかどうかについては多少意見が分かれているようです。ただ、基本的には貸金業ではないとされています。いったい、どのような法的関係があるのでしょうか。確認してみます。 ファクタリングの法的根拠 ファクタリングの法...

ファクタリングという手法は売掛債権の売買ということで、キャッシュフローを改善する手段となりえます。そうした手法を提案しているファクタリング会社の利益構造を確認することで、ファクタリングを側面から理解してみましょう。ファクタリング会社もビジネ...

ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング会社を比較することが大切です。 ここでは、ファクタリング会社の比較ポイントについてご紹介しましょう。 ファクタリング会社の手数料に注意する 売掛金を買取する際の手数料については、ファ...

貸借対照表が軽くなり、資産のオフバランス化を図れる 貸借対照表が軽くなります。ファクタリングが実行されると、売掛金がなくなり、現金に代わることになります。バランスシート上でも、売掛金がそのまま現金に代わった状態(手数料は引かれる)になるわ...

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきま...

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

ファクタリングでは2社間取引きと3社間取引きがあります。 ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しましょう。 ファクタリングで2社間取引きの仕組み 売掛債権をファクタリングで2社間取引きの場合は買取しますが、...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東