ファクタリング会社はどうやって利益を上げているのか

2017/11/07

ファクタリングという手法は売掛債権の売買ということで、キャッシュフローを改善する手段となりえます。そうした手法を提案しているファクタリング会社の利益構造を確認することで、ファクタリングを側面から理解してみましょう。ファクタリング会社もビジネスです。では、どこから利益を得ているのでしょうか。

ファクタリング会社の利益の出し方は大きく2つに分かれる

ファクタリング会社は、ファクタリングそのものの性質によって主に2通りの利益の出し方を持っています。ひとつが買取料、もう一つが保証料です。前者は多くのファクタリングの手法で見ることができます。特に2社ファクタリングや3社ファクタリングではこの買取料がよく出てくるでしょう。手数料という形で請求してくるところもありますが、別物なので注意してください。

買取料とは、売掛債権に対する担保のようなものです。例えば、売掛債権100万円を2社ファクタリングしてみたとしましょう。当然、この売掛債権100万円がすべてお金に換えられるわけではありません。登記の手数料や契約書の印紙代などを含めて、買取率80%、すなわち80万円程度で買い取られるのが一般的ではないでしょうか。ファクタリング会社としてはこの100万円から80万円を引いた20万円が売り上げとなります。この20万円から手数料や印紙代が出ていくので、実質は8~12万円程度がファクタリング会社の利益となります。

次に保証料を見ていきましょう。ファクタリングの手法の中に保証ファクタリングというものがあります。これは、売上債権に対して保険を掛けることです。現在の状態では別段経営的に問題のない企業であっても、3か月後、あるいは6か月後の売上が相手企業の倒産などにより回収できなくなった場合はどうでしょうか。危険な状況になることは間違いありませんね。こうした突発的なトラブルから売上債権を守るのが保証ファクタリングです。

例えば100日後に現金化される1,000万円の売上債権に保証ファクタリングを行ったとしましょう。審査によると保証料は4%となりました。こうしたときの計算は次のようになります。1000万円×4%×100日÷365日≒10万9600円。これがファクタリング会社の利益となります。1000万円の売掛債権が貸し倒れとならないような保障という意味で、だいたい1%程度の保証料となりますが、これを安いと考えるか高いと考えるかは経営状況にもよりますが、かなりいいのではないでしょうか。

あまりにも安い買取料・保証料は危険

こうしてファクタリング会社の利益の出し方を見ていくと、買取料20%や保証料7%などの数値は非常に妥当であることがわかってくると思います。逆説的ですが、これよりもはるかに安い数字を出してくる会社は、高い数字を出してくる会社よりも危険といえるかもしれません。会社はボランティアではないので、どこかで利益を上げなければなりません。にもかかわらず、こうした数値以下の買取料や保証料というのはファクタリング会社そのものの存続に影響します。どこかほかの方法で利益を上げているはずです。もし違和感があったら、ぜひ取引を中断することをお勧めします。無理に契約する必要はありません。優良なファクタリング会社も増えてきているのです。

関連記事

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

ファクタリングという方法は、アメリカやイギリスではかなり昔から存在しているといわれています。原型という話になると14世紀ごろから行われていたのではないかといわれているほどです。今回はそうしたファクタリングの歴史から、ファクタリングが日本で受...

貸借対照表が軽くなり、資産のオフバランス化を図れる 貸借対照表が軽くなります。ファクタリングが実行されると、売掛金がなくなり、現金に代わることになります。バランスシート上でも、売掛金がそのまま現金に代わった状態(手数料は引かれる)になるわ...

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

ファクタリングでは、基本的に債権譲渡担保する必要があります。 ここでは、ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点についてご紹介しましょう。 債権譲渡担保とはどのようなものか? 貸借対照表上では、債権は受取手形や売掛金などです。 ...

融資が上手くいかず、キャッシュフローの悪化で会社経営に不安があるという時に活躍するファクタリングですが、時には審査が通らない場合もあります。どういう時に審査が通らないのか、その審査のポイントについてまとめてみました。 ファクタリングを...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

キャッシュフローを改善する仕組みとしてのファクタリングは、日本でもかなり浸透してきました。その結果、ファクタリング会社として銘打っている会社がなんと100近くにまでなってしまっています。そこで今回は、数ある会社から優れた会社を6社ご紹介しま...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東