ファクタリングは貸金業なのか?

2017/08/05

ファクタリングは貸金業なのかどうかについては多少意見が分かれているようです。ただ、基本的には貸金業ではないとされています。いったい、どのような法的関係があるのでしょうか。確認してみます。

ファクタリングの法的根拠

ファクタリングの法的根拠は、民放第466条・467条・468条に根拠があると言われています。この3つの民法で定められていることは、「債権が譲渡できる、当事者が反対した場合は譲渡できない、譲渡したら債務者に通知する」といった内容です。明確にファクタリングを規制する法律がないため、金融機関などがこの手法を自由に活用しています。一方で、自由であるということは参入障壁が低いということでもあり、十分な知識のないものなども参入してきてトラブルを巻き起こしているということもあるのです。

ファクタリングが貸金業にあたるという説を唱える者もいる

売上債権を売買する、或いは取引するというものがファクタリングである以上、貸金業とはあまり関係ないように見えます。しかし、貸金業法第二条に少し気になる表現が出てきます。ここでは全文を転記します。

「この法律において「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は当該方法によつてする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業として行うものをいう。」

このかっこ付されている部分が議論の的になっています。

しかし、一般的なファクタリングでは金利や割引が発生しているというよりも、むしろ登記のための実費やリスク管理のため、手数料が発生しているという形になっています。また、売渡担保についても、ファクタリングは何か担保を渡したりや保証人などを探してくる必要がありません。そうしたリスクは全て手数料の中に入っているはずです。もし仮にファクタリングが売渡担保というものを求めていた場合、その担保に充当する代金を返済すればファクタリングの権利そのものの返還を受けられることになりますが、この様な代金返済の約定などはファクタリングでは一切関係ありません。

どうしてファクタリングと貸金業が議論されるのか?

これにはファクタリングの負の部分が関係しています。ファクタリングを行いたい企業の多くは、一時的にキャッシュフローが悪化し、メイン行などからの融資も失敗しているという点で、金銭的にも時間的にも余裕がなくなっています。なんとしてでも、現金が必要だという焦りにつけこむ悪徳なファクタリング会社があるのです。ファクタリング会社の中には、債権譲渡契約と株式譲渡契約がセットになっている契約書を作成しているところや、売掛債務を持っている企業が資金ショートや倒産などで集金不能になった際の損害賠償請求が出来る様な契約書を作成してくる場合があります。こうしたやり方は、債権の譲渡とみなされず譲渡担保による貸付と判断される取引になりかねないのです。そうなった場合、ファクタリング会社が貸金業の資格を持っていない時には、貸金業違反となります。すぐに、会社の顧問弁護士に相談すべきです。場合によっては契約そのものが無効となる可能性があります。

本来のファクタリングであれば、債権譲渡契約に連帯保証は不要です。また、二者間契約の場合は、集金委託契約以外の契約は必要ありません。また、「債権譲渡した場合、債務者に通達する」というのも、債権譲渡登記をしっかり行うことによって要件を満たすことになります。それ以外の契約が入っている場合は、速やかに契約行為を中止し、弁護士に相談してください。

関連記事

ファクタリングという手法は売掛債権の売買ということで、キャッシュフローを改善する手段となりえます。そうした手法を提案しているファクタリング会社の利益構造を確認することで、ファクタリングを側面から理解してみましょう。ファクタリング会社もビジネ...

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっ...

ファクタリングは負債にならない ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング会社を比較することが大切です。 ここでは、ファクタリング会社の比較ポイントについてご紹介しましょう。 ファクタリング会社の手数料に注意する 売掛金を買取する際の手数料については、ファ...

ファクタリングでは、基本的に債権譲渡担保する必要があります。 ここでは、ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点についてご紹介しましょう。 債権譲渡担保とはどのようなものか? 貸借対照表上では、債権は受取手形や売掛金などです。 ...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

キャッシュフローを改善する仕組みとしてのファクタリングは、日本でもかなり浸透してきました。その結果、ファクタリング会社として銘打っている会社がなんと100近くにまでなってしまっています。そこで今回は、数ある会社から優れた会社を6社ご紹介しま...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東