ファクタリングと電子登録債券の違い

2017/11/22

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきましょう。

でんさいとはどういう仕組みなのか

でんさいとは略称で、実際は電子登録債権と呼ばれています。売掛債権や手形の代わりにデータで管理された新しい債権を指しており、銀行協会の作ったでんさいネットを活用することで、発生したでんさいを使って支払期日前に資金調達が可能です。こうしてみてみると、ファクタリングも支払期日前に売掛債権を現金化する方法であり、違いがないように見えます。しかし、決定的な違いが一つあるのです。

でんさいとファクタリングの決定的な違い

でんさいとファクタリングではそもそも、扱っている債権自体が異なっています。でんさいは電子登録債権であり、ファクタリングは売掛債権です。電子登録債権は銀行協会が開発したでんさいネットに登録された債権であり、この仕組みに登録していない売掛債権を電子化しているわけではないことに注意が必要です。そのため、でんさいネットに登録していない企業の売掛債権が電子売掛債権となることはありません。売掛債権は売掛債権であり、電子売掛債権は電子売掛債権であるといえるでしょう。

でんさいの仕組みでは倒産時に返済義務が発生する

こうした債権の違いにより、そもそも扱っている取引自体が決定的に異なってきます。でんさいを活用して期日前に現金化する際には、活用した企業が保証人になる必要があります。つまり、譲渡した売掛債権をもつ売掛先企業が倒産した場合、活用した企業が返済する義務を負うのです。一方、ファクタリングでは、売掛債権を譲渡することになるので、売掛先企業が倒産した場合でも、返済する責任は発生しません。ファクタリング会社に回収義務が発生するのです。

でんさいとファクタリングにおける契約

でんさいはでんさいネットに登録が必要という話をしました。でんさいの仕組みを活用する場合、活用する企業も売掛先企業もでんさいネットに登録していなければなりません。一方で、両方に企業が登録している場合は、でんさいを仕組みを使って売掛債権を現金化する際には契約書や面倒な交渉事は一切必要ありません。一方でファクタリングでは、ファクタリング会社との契約が必須になります。加えて、3社ファクタリングの場合は、売掛先企業との契約も必須です。

でんさいもファクタリングも一長一短

でんさいもファクタリングも一長一短であることは間違いありません。ぜひ、自社の置かれている状況などを鑑みながら、どちらのほうがメリットが大きいのか確認してみてください。

関連記事

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

Trouble売上債権を期日前に現金化することでキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングがあります。この方法はプレイヤーが3人いることになります。それでは、この3つのプレイヤーがそれぞれ審査や契約をする際に、どのような注意点が挙げ...

貸借対照表が軽くなり、資産のオフバランス化を図れる 貸借対照表が軽くなります。ファクタリングが実行されると、売掛金がなくなり、現金に代わることになります。バランスシート上でも、売掛金がそのまま現金に代わった状態(手数料は引かれる)になるわ...

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

ファクタリングは、金額如何にかかわらず3営業日、対応の早い会社で必要書類が整っている場合はなんと即日でも現金化が可能です。いったいどのようなフローで現金化していくのでしょうか。今回は特にファクタリングの中でも活用する可能性が高い2社ファクタ...

ファクタリングでは2社間取引きと3社間取引きがあります。 ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しましょう。 ファクタリングで2社間取引きの仕組み 売掛債権をファクタリングで2社間取引きの場合は買取しますが、...

ファクタリングという方法は、アメリカやイギリスではかなり昔から存在しているといわれています。原型という話になると14世紀ごろから行われていたのではないかといわれているほどです。今回はそうしたファクタリングの歴史から、ファクタリングが日本で受...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東