ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点

2017/07/13

ファクタリングでは、基本的に債権譲渡担保する必要があります。

ここでは、ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点についてご紹介しましょう。

債権譲渡担保とはどのようなものか?

貸借対照表上では、債権は受取手形や売掛金などです。

債務者に対して、金銭などを要求する権利を債権者は持っています。

つまり、銀行などに債務者はお金を返済する必要があるため、債権者に銀行はなります。

また、売掛金がある場合は、債権者に売掛先に対してなります。

譲渡担保というのは、担保のために、別の債権者にその目的とするものの所有権・権利自体を譲渡することです。

債権譲渡のための方法や契約スタイル

ファクタリングを利用する場合には、売掛先に自社の資金繰りが苦しいことが知れてしまうかもしれないということが最も気がかりではないでしょうか。

債権譲渡担保の目的は、債権者が債権を売買したことによって変わったことを売掛先に伝えることと、その債権がだれにいつ渡ったかをはっきりすることがあります。

債権譲渡担保の方法としては、内容証明郵便によって通達する、異議が無いという承諾を売掛先から受諾する、登記事項証明書を債権譲渡登記を行って送る、というものがあります。

ファクタリングとしては、2社間と3社間のものがあります。

契約スタイルが3社間のものでなければならないのか、あるいは2社間のものでなければならないのかについては、ファクタリング業者によってそれぞれ違っています。

中小企業などのファクタリングを利用したい経営者としては、債権譲渡担保をしないで、取引先に知られないようにしたいでしょう。

債権譲渡担保をすると、合意を2社間で行った上で決めた存続期間の中であれば登記情報が知られる恐れもあり、やはり登記する費用もかかるでしょう。

ファクタリングを利用していることを売掛先に伝えるポイント

ファクタリングを利用していることを売掛先に知られたくない場合は、売掛債権担保融資保証制度を利用してみましょう。

中小企業などの経営者で、どうしても資金を即日で調達できるファクタリングを利用する必要がある場合は、ファクタリングを恥を忍んで利用していることを通知する必要があるシーンも経営が苦しい場合にはあるでしょう。

2社間ファクタリングの場合に、売掛先に債権譲渡担保を通知しないで黙って行って、知られなかったというようなことも耳にしたことがあります。

しかし、このようなことが分かれば、間違いなく信用を失うようになるでしょう。

そのため、売掛先に正々堂々とやはり債権譲渡担保する際には伝えておく必要があるでしょう。

どのようにして債権譲渡担保する際に売掛先に伝えるといいか?

では、どのようにして債権譲渡担保する際に売掛先に伝えるといいのでしょうか?

ここでは、債権譲渡担保する際に売掛先に伝える注意点についてご紹介しましょう。

ファクタリングは資金を調達するための安全な方法である

ファクタリングは国が認可しており、外国においては歴史が400年以上もある資金を調達する安全な方法です。

迷惑を売掛先に対してかけることはない

良くないファクタリング業者も中にはあるそうですが、優れたファクタリングの業者の場合には、全国でこれまで利用された実績が1万社以上もあり、取引が質のいいファクタリング業者とできるため安心です。

苦しい資金繰りである

経営者として、苦しい資金繰りであることのみを伝える人はあまりにも多くいます。

しかし、売掛先にとっては、良くない影響が自社にとってあるかどうかのみが気がかりになるものです。

そのため、自社は中小企業で苦しい資金繰りであるということは、できるだけ伝えない方がいいでしょう。

ファクタリングで債権譲渡担保する際には、このような注意点を把握しておきましょう。

関連記事

ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング会社を比較することが大切です。 ここでは、ファクタリング会社の比較ポイントについてご紹介しましょう。 ファクタリング会社の手数料に注意する 売掛金を買取する際の手数料については、ファ...

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

ファクタリングは負債にならない ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困...

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきま...

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっ...

キャッシュフローを改善する仕組みとしてのファクタリングは、日本でもかなり浸透してきました。その結果、ファクタリング会社として銘打っている会社がなんと100近くにまでなってしまっています。そこで今回は、数ある会社から優れた会社を6社ご紹介しま...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

ファクタリングという方法は、アメリカやイギリスではかなり昔から存在しているといわれています。原型という話になると14世紀ごろから行われていたのではないかといわれているほどです。今回はそうしたファクタリングの歴史から、ファクタリングが日本で受...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東