ファクタリングの仕分け・経理会計処理について

2017/07/06

そもそも仕分けとは?

そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。

仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行っていくことで、勘定科目に取引が溜まっていきます。「現在、仕入れがどれくらいなのか?」、「今の売上はどれくらいあがっているのか?」、「売掛金の額はどれくらいなのか?」こういった疑問が、仕訳帳を見れば一目瞭然となります。

仕分けは基本的に、毎日行います。そして、日々の資産と負債が記入されていきます。これが、「貸借対照表」です。バランスシートとも呼ばれます。一方で、収益と損失が記載されていき、一定の期間の利益や損失がどれくらいあるのかを判断できるのが、「損益計算書」となります。

勘定科目には、「売上」や「仕入れ」の項目があります。以前は、高度な簿記の知識が必要でした。しかし、今では使い勝手の良い会計ソフトが無料で配布されるようになっています。簿記の素養がなくても、パソコンやスマホから簡単に仕分けができるようになっています。

売掛債権が発生した場合の経理会計処理

ファクタリングの中心となるのは、売掛債権です。それでは、売掛債権に売上が発生した場合の仕分けの例をみていきます。

売上の時

翌日未払いの掛売り(商品100万円)の場合です。

借方 貸方
売掛金(資産の増加)100万円 売上(収益)100万円

売掛債権は、後日にお金を請求できるものですから、資産となります。そこで、仕分けでは、売掛債権の取得によって資産が増加し、それによって収益(100万円)を得たというように記載していきます。売掛債権は、後日に現金を請求できるものですから、売上の時点では、現金が発生することはありません。決済時点になって、仕分けに初めて売掛金が現金として記載されることになります。

決済の時

売掛金が入金された場合です。

借方 貸方
現金(資産の増加)100万円 売掛金(資産の減少)100万円

決済されたときには、資産としての売掛金が現金に替わります。このように、掛売りの場合、現金になるまでに時間がかかります。そこで専門の業者に売掛債権を売却して早期に現金化させようというのが、ファクタリングの基本的な使われ方です。次に、ファクタリングと仕分けについてみていきます。

ファクタリングが利用された場合の経理会計処理

実際にファクタリング会社へ売掛債権が譲渡される場合の仕分けについて解説していきます。

売掛債権譲渡の時

借方 貸方
未収金(資産の増加)
売掛債権売却損(費用)20万円
売掛金(資産の減少)100万円

売掛金100万円を、ファクタリング手数料20%で譲渡した場合です。ファクタリングを実行した時点では、まで現金化されていません。そこで、勘定科目には「未収金」という名目で記載するのが一般的です。ファクタリングを利用すると、手数料がかかります。これについては、「売掛債権売却損」などの費用の科目で記入することになります。

ファクタリングは、売掛債権を譲渡して、手数料を引かれた金額を手に入れる取引です。そこで、売掛債権という資産が減少する代わりに、未収金という資産が増加するという考え方です。もちろん、未収金は売掛金から「売掛債権売却損」であるファクタリング手数料を引いた金額になります。

ファクタリング代金が入金された時

借方 貸方
現金(資産の増加)80万円 未収金(資産の減少)80万円

記入した未収金(80万円)が入金されたときの仕分けです。ファクタリング契約後は、請求書を送付すると、代金が支払われます。仕分けは単純に、未収金が現金に替わったという処理をするだけです。ファクタリング手数料である「売掛債権売却損」については、売掛債権譲渡の時に既に記載しています。この場面では記載しなくても良いことになります。

関連記事

ファクタリングという手法は売掛債権の売買ということで、キャッシュフローを改善する手段となりえます。そうした手法を提案しているファクタリング会社の利益構造を確認することで、ファクタリングを側面から理解してみましょう。ファクタリング会社もビジネ...

ファクタリングは、金額如何にかかわらず3営業日、対応の早い会社で必要書類が整っている場合はなんと即日でも現金化が可能です。いったいどのようなフローで現金化していくのでしょうか。今回は特にファクタリングの中でも活用する可能性が高い2社ファクタ...

融資が上手くいかず、キャッシュフローの悪化で会社経営に不安があるという時に活躍するファクタリングですが、時には審査が通らない場合もあります。どういう時に審査が通らないのか、その審査のポイントについてまとめてみました。 ファクタリングを...

貸借対照表が軽くなり、資産のオフバランス化を図れる 貸借対照表が軽くなります。ファクタリングが実行されると、売掛金がなくなり、現金に代わることになります。バランスシート上でも、売掛金がそのまま現金に代わった状態(手数料は引かれる)になるわ...

全国の銀行協会が100%出資して作り出した「でんさいネット」というのはご存知でしょうか。仕組みを見てみると、一瞬ファクタリングと同じなのではないかと感じることもあるかと思います。今回はこのでんさいとファクタリングについてその違いを見ていきま...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング会社を比較することが大切です。 ここでは、ファクタリング会社の比較ポイントについてご紹介しましょう。 ファクタリング会社の手数料に注意する 売掛金を買取する際の手数料については、ファ...

キャッシュフローを改善する仕組みとしてのファクタリングは、日本でもかなり浸透してきました。その結果、ファクタリング会社として銘打っている会社がなんと100近くにまでなってしまっています。そこで今回は、数ある会社から優れた会社を6社ご紹介しま...

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東