会計処理においてのファクタリングのメリットとデメリット

2017/07/11

ファクタリングは負債にならない

ファクタリングは会計処理において負債にならないというメリットがあります。仕分けの観点でも、売掛金という資産が減少すると同時に、未収金として資産が増加します。負債にならずに早期に資金調達ができる点で、経営に困っている企業には非常に使い勝手が良いものです。

銀行などの融資機関からすると、なるべく負債の少ない企業に貸付を行いたいというのが原則です。全て融資に頼るのではなくて、ファクタリングを活用することによって負債が少なくなります。それによって、銀行からの融資も受けやすくなるという良い循環が生まれます。この負債がない、というのが経理処理からみたファクタリングの一番のメリットだといえます。

ファクタリング利用による貸借対照表や損益計算書の違い

実際に、ファクタリングを利用した場合と、しなかった場合の貸借対照表や損益計算書の違いをみていきます。

→資本金100万円の会社が、70万円で仕入れた商品を100万円で掛売りした場合

ファクタリングを利用

①仕分け(商品の仕入れ)

借方 貸方
仕入(費用)70万円 現金(資産の減少)70万円

②仕分け(100万円で掛売り)

借方 貸方
売掛金(資産の増加)100万円 売上(収益)100万円

③仕分け(手数料20%でファクタリング後、即入金された場合)

借方 貸方
現金(資産の増加)80万円
売掛債権売却損(費用)20万円
売掛金(資産の減少)100万円

■損益計算書

売上 100万円
仕入 70万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

■貸借対照表

借方  
現金 110万円 資本金 100万円
当期純利益 10万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

ファクタリングを利用しない

ファクタリングを利用しないわけですから、上記の③の仕分けがカットされます。

■損益計算書

売上 100万円
仕入 70万円
当期純利益 30万円

■貸借対照表

借方  
現金 30万円
売掛金 100万円
資本金 100万円
当期純利益 30万円
売上債権売却損 20万円
当期純利益 10万円

貸借対照表や損益計算書の違いから分かるメリットとデメリット

上記の貸借多少表や損益計算書の、ファクタリングが利用された場合とされなかった場合の違いをみて、一目瞭然な会計処理におけるメリットとデメリットがあります。

仕分けの点で言うと、貸借対照表が軽くなるというメリットがあります。今の経営は、できるだけ負債や資産を少なくしてスマートにする方向性に向かっています。これを資産のオフバランス化と呼んでいます。このように、ファクタリングでは手数料(売上債権売却損)が支払われるために、貸借対照表を軽くすることができます。

一方で、収益が落ちるというデメリットがあります。これも、手数料の影響だといえます。

関連記事

ファクタリングという方法は、アメリカやイギリスではかなり昔から存在しているといわれています。原型という話になると14世紀ごろから行われていたのではないかといわれているほどです。今回はそうしたファクタリングの歴史から、ファクタリングが日本で受...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

ファクタリングという手法は売掛債権の売買ということで、キャッシュフローを改善する手段となりえます。そうした手法を提案しているファクタリング会社の利益構造を確認することで、ファクタリングを側面から理解してみましょう。ファクタリング会社もビジネ...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

Trouble売上債権を期日前に現金化することでキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングがあります。この方法はプレイヤーが3人いることになります。それでは、この3つのプレイヤーがそれぞれ審査や契約をする際に、どのような注意点が挙げ...

ファクタリングでは、基本的に債権譲渡担保する必要があります。 ここでは、ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点についてご紹介しましょう。 債権譲渡担保とはどのようなものか? 貸借対照表上では、債権は受取手形や売掛金などです。 ...

ファクタリングに金利や利率はあるのでしょうか?この質問に端的にお答えするのであれば、ファクタリングには金利や利率は発生せず、手数料だけがあります、という答えになります。いったいどういうことか、ご説明します。 ファクタリングは借金ではな...

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

そもそも仕分けとは? そもそも仕分けとは何かというと、生じた取引を勘定科目に分類する経理会計処理のことをいいます。特に資産と費用を借方、負債と収益を貸方に分類していきます。 仕分けは、取引が生じたたびに行っていきます。都度仕分けを行...

ファクタリングでは2社間取引きと3社間取引きがあります。 ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しましょう。 ファクタリングで2社間取引きの仕組み 売掛債権をファクタリングで2社間取引きの場合は買取しますが、...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東