ファクタリングで2社間取引きの注意点

2017/07/13

ファクタリングでは2社間取引きと3社間取引きがあります。

ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しましょう。

ファクタリングで2社間取引きの仕組み

売掛債権をファクタリングで2社間取引きの場合は買取しますが、ファクタリングを利用する会社がこの代金を回収する依頼を請負するような方法になります。

ファクタリングを利用する会社とファクタリングの業者の間で、集金を代行する業務委託契約を結びます。

そのため、売掛先の取引先は何も知らないで、従来通りにファクタリングを利用している会社に入金を期日通りに行います。

ファクタリングを利用している会社は、入金されると、業務委託契約に従ってファクタリングの業者に売掛債権の入金額を入金し直します。

ファクタリングで2社間取引きの注意点

ファクタリングで2社間取引きのメリットとしては、

・売掛先の取引先に知られない

取引先に知られないため、今後の取引にファクタリングを利用したということでも影響がないことが挙げられます。

しかし、その分ファクタリングで2社間取引きの場合は注意点もあります。

ファクタリングで2社間取引きの最大の注意点は、手数料がファクタリングを利用する際に高いことです。

というのは、ファクタリングで2社間取引きの場合は、ファクタリングを利用する会社が集金代行を行うようになります。

ファクタリングを利用する会社に、一旦売掛先からの入金は入ります。

ここでファクタリングを利用する会社に逃げられるのではないか、ファクタリングを利用する会社が倒産するのではないか、ファクタリングを利用する会社に使い込まれるのではないか、というようなリスクがあります。

ファクタリングの業者は、すでに売掛債権を買取する金額を、ファクタリングを利用する会社に入金しています。

先にご紹介したようなリスクが現実のものになれば、ファクタリングの業者はそのまま損するようになります。

一方、ファクタリングで3社間取引きの場合は、売掛先から直接入金がファクタリングの業者にあるので、売掛先が高い信用度さえあれば非常に取りはぐれになる恐れは少なくなります。

しかし、ファクタリングで2社間取引きの場合は、ファクタリングを利用する会社が悪いことをちょっとでもすれば非常に貸し倒れになるリスクが高くなります。

そのため、ファクタリングの業者にとっては、ファクタリングで2社間取引きの場合の方がリスクが非常に大きくなります。

このようなことから、ファクタリングで2社間取引きの方が高い手数料になります。

ファクタリングで2社間取引きの場合は、大きなメリットとして売掛先の取引先に知られないというものがありますが、ファクタリングを利用する際に高い手数料になるという注意点があります。

日本においては、実際にはファクタリングで2社間取引きの場合が圧倒的に多いようです。

まとめ

ここでは、ファクタリングで2社間取引きの注意点についてご紹介しました。

ファクタリングする際の手数料は、取引する回数が多くなってきて信用度が高くなった場合、あるいはファクタリングを利用する会社が高い信頼性がある場合には、安い手数料になるようです。

しかし、ファクタリングを利用する会社が初めて取引きする場合や信用度が高くない場合は、ファクタリングを利用する際の手数料の相場が一般的に20%程度になっています。

最もいいのはファクタリングで3社間取引きが普及することでしょうが、ファクタリングを零細企業や中小企業が利用する場合には、現時点ではファクタリングで2社間取引きを選択するのが現実的になっています。

ファクタリングで2社間取引きを選択する場合には、ここでご紹介したような注意点を把握しておきましょう。

関連記事

売掛債権を早いうちに現金化するファクタリングですが、悪徳業者のトラブルが目立ってきました。弁護士の集団が、ファクタリングそのものが違法行為であるなどということをWebで発表したりするなど、一時騒然となりました。悪徳業者はどのようなことをして...

Trouble売上債権を期日前に現金化することでキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングがあります。この方法はプレイヤーが3人いることになります。それでは、この3つのプレイヤーがそれぞれ審査や契約をする際に、どのような注意点が挙げ...

ファクタリングを行った時の会計処理というのは、多くの経営者が気になるところではないでしょうか。ファクタリングは債権の早期現金化であり借入とは異なったやり取りです。多くの経営者にとっては借入と変わらない感じがあると思いますので、仕分けからしっ...

ファクタリングは、金額如何にかかわらず3営業日、対応の早い会社で必要書類が整っている場合はなんと即日でも現金化が可能です。いったいどのようなフローで現金化していくのでしょうか。今回は特にファクタリングの中でも活用する可能性が高い2社ファクタ...

ここではファクタリングのメリットとデメリットを確認していきましょう。キャッシュフローを改善したり貸借対照表をスリム化するなどのメリットを持っているファクタリングですが、すべての会社が最大限に利用できるというわけでもないようです。 ファクタ...

実際にファクタリングを活用しようとする場合、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。ファクタリング会社自身もビジネスですので、時と場合によっては強い行動に出る場合もあります。ファクタリングを行う際、活用を考えている企業ややって...

ファクタリングは貸金業なのかどうかについては多少意見が分かれているようです。ただ、基本的には貸金業ではないとされています。いったい、どのような法的関係があるのでしょうか。確認してみます。 ファクタリングの法的根拠 ファクタリングの法...

急な現金の必要性に合わせて、売掛債権を現金化しキャッシュフローを改善する方法としてファクタリングは活用されていますが、じつはそれだけではありません。売掛債権を現金化するという仕組み自体と企業会計の知識を持ち合わせることで、さらなる効果を発揮...

ファクタリング業者逮捕という2017年1月25日のニュース報道に、業界は非常に動揺しました。 ここでは、このニュース報道の概要についてご紹介しましょう。 ニュース報道の概要 大阪府警は、貸金業法違反の疑いで、元の東洋商事の代表取締...

ファクタリングでは、基本的に債権譲渡担保する必要があります。 ここでは、ファクタリングで債権譲渡担保する際の注意点についてご紹介しましょう。 債権譲渡担保とはどのようなものか? 貸借対照表上では、債権は受取手形や売掛金などです。 ...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東