ファクタリングのメリットについて

2017/07/13

ファクタリングはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、ファクタリングのメリットについてご紹介しましょう。

早期に売掛金が資金化できる

一般的に、タイムラグが、支払いが売掛先から行われるまでには支払サイトによってあります。

このタイムラグとしては、30日のケースや180日のケースなどがあります。

キャッシュフローがこの間に行き詰まるのを回避するために、有効なのはファクタリングです。

ファクタリングは借入金とは違う

借入金に、つなぎ融資を銀行などから受ける場合はなります。

一時的にキャッシュフローはなんとかなったとしても、借入金は多くなると利息の支払いも生じます。

そのため、会社の資金繰りは中長期的に立ちいかなくなります。

一方、売掛債権を譲るファクタリングの場合は、売掛債権を資金化しても計上を借入金にしないこともできます。

支払いリスクは売掛先が万一倒産した場合でも生じない

先行きが不透明な時には、売掛金の資金化が必ずしもできない場合もあり得ます。

しかし、ファクタリングの場合には、譲渡金を万一売掛先の会社が倒産した場合でも返済する必要はありません。

ファクタリングが取引先に分からなくできる

ファクタリングの一般的なものは、譲渡を取引に関係する全ての人が承諾するという3社間ファクタリングがメインになっています。

3社間ファクタリングの場合には、債権譲渡を取引先に承諾してもらうことが必要です。

しかし、多くの大手の会社は、債権譲渡を嫌がる傾向があることがネックになっています。

このような場合には、2社間ファクタリングが有効です。

買取する側は、顧客先が倒産することによって回収できなくなるリスクや、支払いが滞ることなどによって国や他社によって顧客の口座に入金された時に差し押さえになるリスクもあり、取引がリスキーなものになるので、手数料が2社間ファクタリングの場合は高くなります。

3社間ファクタリングと比べて、2社間ファクタリングは手数料が倍以上かかることも多くあります。

しかし、2社間ファクタリングの場合は、債権譲渡を取引先に伝える必要がなく、承諾も必要ないため、ファクタリングが誰にも分からないようにできるというメリットの大きなものがあります。

そのため、苦しい資金繰りであるが、信用に関係するので取引先には伝えたくないというような場合には非常にメリットがあります。

ファクタリングの場合は、現金を割合短時間で手に入れることができるので、資金が緊急に必要になった場合に重宝されます。

債権や状況によっても違ってきますが、ファクタリングの業者によっては現金を即日で調達してくれる場合もあります。

審査方法は融資関連の場合とは違う

借入と違って、ファクタリングの場合は売掛金を取引するため、審査方法は融資関連の場合とは違うので、融資を銀行に断られた場合などでも利用できます。

ファクタリングの情報は信用情報機関に登録されない

信用情報機関に登録されないことが、ファクタリングの一つのメリットとして挙げられます。

信用情報機関はデータベースとして金融機関が持っているようなもので、情報を信用情報機関のいくつかが持っています。

この信用情報機関の情報は、返済を正常に行っているか、どの程度借入金があるか、などというようなもので、過度な借入金あったり、返済が停滞していたりする情報が信用情報機関に登録されていると、ビジネスローンの審査や銀行の審査に受からない恐れがあります。

しかし、融資とはファクタリングは違っています。

信用情報機関に入っている銀行の場合は、融資をすると信用情報機関に登録する必要がありますが、融資とは違うファクタリングの場合は、信用情報機関に登録する必要はありません。

関連記事

資金を調達する方法としては、でんさいとファクタリングがあります。 では、でんさいとファクタリングはどのような違いがあるのでしょうか? ファクタリングとはどのようなものか? ファクタリングというのは、期日が来る前に売掛債権をファクタ...

ファクタリングは、資金を調達するための方法の一つとして着目されています。 担保も必要なく、素早く売掛債権が資金化できるため、特に中小企業の場合には非常に便利なものです。 ファクタリングを頼むと、売掛債権をファクタリングの業者が売掛先と販...

ファクタリングには大きく分けて4つの手法があります。そのうち、もっとも一般的に活用されているのがこの一括ファクタリングです。この一括ファクタリングについて少しまとめてみましょう。 2者ファクタリングと3者ファクタリング 一括ファクタ...

ファクタリングは売掛債権を期日前に現金化する方法であり、一時的にキャッシュフローが悪化した際などに用いられる手段です。このファクタリングですが、大きく分けて4つの種類があります。 ファクタリングの種類 ファクタリングの種類 ...

ファクタリングと一口に言っても様々なファクタリングがあります。特に医療関係のファクタリングは、相手が国民保険や社会保険と非常にリスクが低いため、これを特に医療報酬債権ファクタリングと名前を変えて使っています。 医療報酬債権とは 医療...

ファクタリングの手法がある程度浸透してきました。その裏側で悪徳なファクタリング会社によるトラブルも増えてきました。ネット上では、ファクタリングの手法そのものが違法であるような書き方をしているWebページもあります。いったいどのような法律要件...

受取手形とはビジネスで取引が発生した際に、現金の代わりに受け取る手形を指します。あとでお支払いしますという約束をそのまま証券化することで、資産価値を生み出したり現金への転換を確実なものとするのが目的で生まれたものです。また、受取手形を現金化...

最近、融資の方法としてファクタリングというものをよく耳にします。 では、ファクタリングは合法なのでしょうか? ファクタリングと融資はどのように違うのでしょうか? ここでは、ファクタリングは合法か、ファクタリングと融資の違いについてご紹...

ファクタリングとリースはどのように違うのでしょうか?ここでは、ファクタリングとリースの違いについてご紹介しましょう。 会社を経営するための設備を確保する方法 資金が、企業を経営していくために必要です。 資金としては手元にあるものの...

売上債権を譲渡することによってキャッシュフローを一時的に改善する手段として、ファクタリングは浸透しつつあります。一方で、悪徳なファクタリング会社によるトラブルも相次いでいます。悪徳なファクタリング会社を見分ける方法はあるのでしょうか。 ...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東