ファクタリングとリースの違い

2017/07/11

ファクタリングとリースはどのように違うのでしょうか?ここでは、ファクタリングとリースの違いについてご紹介しましょう。

会社を経営するための設備を確保する方法

資金が、企業を経営していくために必要です。

資金としては手元にあるもののみで賄えればいいでしょうが、人件費、家賃、光熱費など、いくら資金があっても実際には不足するでしょう。

運転する資金はある程度ないと、儲けを効率的に確保することは難しいため、優れた企業の場合でも資金を金融機関から借りるなどして、できるだけ資金を効率的に調達することを検討しています。

会社を経営するために必要な設備である工具、IT機器、車、建物などを買うためには、資金のまとまったものが必要になります。

では、このような設備を確保するためにはどのような方法があるのでしょうか?

このような設備を確保する方法としては、ファクタリングで設備を買うものと設備を借用するリースがあります。

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは、融資を銀行で断られた場合でも資金を調達することができるものです。

ファクタリングは、資金を調達する新しい方法で、売掛金がある場合のためのものです。

例えば、リスケジュールという銀行の資金を返済する条件を変更している途中の場合、債務超過の場合、決算が赤字の場合などでも、保証人、担保の不動産が無くても利用することができます。

利用するためには、

・事業のためだけの資金である

・売掛金としては100万円以上のものが必要である

という条件が必要です。

リースとは?

一方、リースというのは、リース会社が会社を経営するために必要な設備などを買って、会社に貸し出しするものです。

この借りた設備を会社は買ったのと同様に使うことができ、リース料を使っている期間にリース会社に払います。

一般的に、設備の価格に税金の固定資産税など、資金を調達するための費用、手数料や保険料をプラスした価格をベースにして、リース料は決定されます。

ファクタリングでお金を調達する場合の金利とは違って、手数料などの費用がリース料率というもので計算されます。

リース料率の計算は、設備の価格を月々のリース料で割ります。

例えば、100万円の設備をリース料として月々1万5000円でリースした場合は、100万円を1万5000円で割った1.5%(年利18%)のリース料率になります。

このようにリース料率は、利率としては結構高いものです。

ファクタリングとリースではどちらがいいか?

では、設備を確保する場合に、ファクタリングとリースではどちらがいいのでしょうか?

リースはいくつかのメリットがありますが、やはりイニシャルコストを低く抑えられることがメリットの大きなものです。

設備が高額な場合でも、一定のリース料を払えばいいため、資金が手元に少ない場合でも設備を確保することができます。

また、ファクタリングを利用して設備を買った場合は、固定資産になるため、保険料や税金がかかります。

さらに、経理の作業として、減価償却費を計算するなどが必要になります。

しかし、リースの場合には、設備を所有しないで借用しているようになるため、処理が会計上必要なく、会計処理がリース料を月々計上するのみでできます。

このように効率良く経理の作業できることもメリットの大きなものです。

さらに、お金を銀行から借りないため、融資枠を銀行で確保することができ、万一の場合に融資を銀行から受けやすくなるメリットがあります。

一方、リースのデメリットとしては、出費がトータル的に多くなることです。

ファクタリングを利用する場合よりも、リースの方が出費が多くなる場合があるため、設備などを確保する場合には、ファクタリングとリースについて十分に検討しましょう。

関連記事

ファクタリングの手法がある程度浸透してきました。その裏側で悪徳なファクタリング会社によるトラブルも増えてきました。ネット上では、ファクタリングの手法そのものが違法であるような書き方をしているWebページもあります。いったいどのような法律要件...

最近、融資の方法としてファクタリングというものをよく耳にします。 では、ファクタリングは合法なのでしょうか? ファクタリングと融資はどのように違うのでしょうか? ここでは、ファクタリングは合法か、ファクタリングと融資の違いについてご紹...

ファクタリングはどのようなメリットがあるのでしょうか? ここでは、ファクタリングのメリットについてご紹介しましょう。 早期に売掛金が資金化できる 一般的に、タイムラグが、支払いが売掛先から行われるまでには支払サイトによってあります...

ファクタリングには大きく分けて4つの手法があります。そのうち、もっとも一般的に活用されているのがこの一括ファクタリングです。この一括ファクタリングについて少しまとめてみましょう。 2者ファクタリングと3者ファクタリング 一括ファクタ...

ファクタリングを利用するとメリットがある 資金をファクタリングによって調達する場合に適している会社としては、融資が金融機関の銀行などから受けられなかったところです。 また、長い売掛金の支払い期間の多くの取引先がある会社も、大きなメリット...

受取手形とはビジネスで取引が発生した際に、現金の代わりに受け取る手形を指します。あとでお支払いしますという約束をそのまま証券化することで、資産価値を生み出したり現金への転換を確実なものとするのが目的で生まれたものです。また、受取手形を現金化...

ファクタリングは売掛債権を期日前に現金化する方法であり、一時的にキャッシュフローが悪化した際などに用いられる手段です。このファクタリングですが、大きく分けて4つの種類があります。 ファクタリングの種類 ファクタリングの種類 ...

売上債権を譲渡することによってキャッシュフローを一時的に改善する手段として、ファクタリングは浸透しつつあります。一方で、悪徳なファクタリング会社によるトラブルも相次いでいます。悪徳なファクタリング会社を見分ける方法はあるのでしょうか。 ...

資金を調達する方法としては、でんさいとファクタリングがあります。 では、でんさいとファクタリングはどのような違いがあるのでしょうか? ファクタリングとはどのようなものか? ファクタリングというのは、期日が来る前に売掛債権をファクタ...

ファクタリングと一口に言っても様々なファクタリングがあります。特に医療関係のファクタリングは、相手が国民保険や社会保険と非常にリスクが低いため、これを特に医療報酬債権ファクタリングと名前を変えて使っています。 医療報酬債権とは 医療...

口コミと実績からファクタリング会社を選ぶ

日本全国利用可能、安心の実績を誇る会社

ジャパンファクター

100万円から1億円まで最短即日で利用可能

福岡と東京に会社があり全国の事業主の方が利用しやすく手数料も安い設定となっています。

ジャパンファクター
取引利用額 100万円~1億円
最短取引き 最短即日
会社拠点 九州・関東

最短即日の取引可能、最低水準の手数料が人気

資金調達特急便EFC

全国対応で即日取引が可能

全国どこでも対応可能でスピーディーに資金化!2社間メインですが3社間取引も可能。

資金調達特急便EFC
取引利用額 5000万円まで
最短取引き 最短2日
会社拠点 関東

迅速対応で悩みを解決!

株式会社FEF

50万円から利用可能!売掛を早期資金化!

日本全国即日対応のファクタリング会社、50万円~1000万円まで利用可能です。

株式会社FEF
取引利用額 50万円~1000万円
最短取引き 最短即日
会社拠点 関東