ファクタリングとは

最近では、企業の資金調達の1つとして、ファクタリングが注目を集めています。しかし、まだファクタリングについていまいちよく分かっていないという方も多いです。そこで今回は、ファクタリングについて1から解説していきます。

ファクタリングのサービス内容について

ファクタリングは、まだ回収できていない売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうものです。企業間取引の場合、すぐに現金で支払いが行われることは稀です。通常は、サービスの提供や商品が納品されてから、支払期日までにブランクタイムがあります。このような掛売りが、企業の取引では一般的になっています。

しかし、支払期日まで間がある場合、売掛金をキャッシュに替えることができず、資金繰りに困ってしまうことがあります。ここで重宝されるのが、ファクタリングだというわけです。ファクタリングサービスを利用すれば、すぐに売掛金を現金化することができます。

ファクタリングとつなぎ融資の違い

つなぎ融資との違い

確かに、資金調達として金融機関からつなぎ融資を受けるという方法もあります。しかし、これだと借入金として計上されてしまいます。キャッシュフローの点からは、即効性があります。ただし、借入金である以上、利息が発生します。売掛金の回収という滞りをヘッジする手段としてつなぎ融資に依存していると、短期的にはなんとかなっても、長期的に見ると経営を圧迫する原因となりえます。

ファクタリングであれば、借入金として計上しないこともできます。売掛先企業が倒産した場合のリスクも負わずに済みます。

ファクタリングは手数料が発生する

ファクタリングの手数料

ファクタリングは、融資のように利息が発生することはありません。ただし、手数料が発生する点に注意が必要です。つまり、支払い期日まで待って売掛金を回収するよりも、手数料の分、ファクタリングを利用したほうが金額は少なくなります。

ファクタリングでもキャッシュに時間がかかることも

資金化まで時間がかかることも

自社とファクタリング会社の関係でみると、非常に迅速な取引が可能です。しかし、ファクタリングを利用する際には、売掛先企業の同意が求められます。この同意を取るのに時間がかかることもあり、ファクタリングといっても、現実的にすぐに売掛金をキャッシュにできないこともあります。